【花尾サッカークラブの考え方】
 花尾サッカークラブは、勝つことを第一とはしません。
こう言うと、「サッカーは勝負なのに、勝たなくていいとはおかしいのでは?」と言う方が必ずおられます。
 勝たなくていいのではなく、今は勝つことを第一に考えるときではないと思っています。
 子どもたちは、たとえ遊びでも『ゴールだ』『いや違う』でケンカになるぐらい"勝ちたいのがあたりまえ"なのです。

 花尾サッカークラブでは、子どもたちそれぞれの勝負のとき(自分の希望がはっきりしてくる時期)に、希望どおりの道を進むことができればいいなと思っています。
 子どもたちには、その勝負の時期以降勝っていってほしいと願っていますので、あえて今"勝つことを一番の目標にはしていません"。

 花尾サッカークラブは「ファミリー」でありたいと思っています。わが子のために大人がバックアップ。「わが子」とは、花尾サッカークラブの子どもみんなです。花尾サッカークラブの全ての大人が、花尾サッカークラブの全ての子どものために行動します。したがって、「子どもを参加させるだけで、親は一切知らん顔」ということはあり得ませんし、そのような方は居ないはずです。
 ただ、どなたも同じように同じことができるというものではないことも、ご承知のとおりです。

 しかし、他の人ができない部分もやってあげようという人もいますから、『できることをできるだけできるときに』が成り立ちます。少ししかできない人は「おかげさまで…」と感謝する気持ち、多くのことができる人は「何でもないこと…」のいたわる気持ちと全員のコミュニケーションで子どもたちをバックアップしましょう。まちがっても『できるけど自分がしなくても誰かがするだろう』とか『これは自分がやった。あれも自分がやった。大変だったぁ!』は、無しにしましょう。
 これは、月謝型クラブチームやサッカースクールと最も異なるところです。

 花尾サッカークラブでは、子どもから「経験するチャンス」を奪わないようにしようとしています。
 「経験するチャンス」、狭義にはサッカーにおいてということですが、広義においては、キャンプや生活の中などその時にできる経験です。
 サッカーにおいては、移動手段こそ大人に全面依存ですが、会場に到着してから試合をし片付けまでのすべてのことを、子どもたちの手で行うようにしています。
 これも経験の一つですから、大人は子どもの安全を守りアドバイスをする程度で、子どもたちはほとんどのことを自分でできます。

 また、指導者は公式戦・練習試合にかかわらず全員出場経験をさせようと努めます。但し、主催者による参加登録人数に制限があるため、一つの大会で全員が出ることができない場合もあります。

 花尾サッカークラブの活動の主なキーワードは、『自発的に』 『考える』 『動く』 『楽しい』です。


その他のキーワード  
 "和" "楽しく" "あいさつ" "声掛け""すすんで" "ほめる""笑顔" "人のため"
 "話し合い" "参加" "全員わが子""気遣い" "感謝" "手本" "即解決" "誘い合う"
 "誘わない""楽しく" "あいさつ" "人のため" "自分で" "つづける""あきらめない"
 "さぼらない" "おこらない" "はげます""うそをつかない" "はげます" "えがお"
 などなど・・・

 花尾サッカークラブでは楽しくサッカーをしたいと思っています。
 "楽しい"というと、"遊び半分""いいかげん"という方がおられます。
 でも、ご自分の子どものころを、よく思い出してください。
 楽しいことをしているときって、"夢中"だったのではありませんか。
 "夢中"になっているときって、"集中"していませんでしたか。
 "集中"するって、何かを習得するときには欠かせないものではありませんか。
 つまり、楽しく練習することが、最も充実した練習といえるのではないでしょうか。

 花尾サッカークラブでは、このようなクラブを一緒につくっていってくれるクラブ員を募集しています。

どうぞ、練習時に花尾小学校グラウンドにお越しください。お申し込みの受付を行っています。

↑ このページのトップ ↑
Copyright (C)2014 Hanao Soocar Club All Rights Reserved.
リンク